宮古島100kmワイドーマラソン。完走のコツと、島の魅力

宮古島100kmワイドーマラソン。完走のコツと、島の魅力

第29回宮古島100㎞ワイドーマラソンが、2019年1月20日(日)に開催されました。
ワイドーとは、沖縄の方言で「がんばれ!ファイト!」の意味。

年のはじめ、本州の寒さに比べ、宮古島は暖かいため、1日中たっぷりと長距離走を楽しむことができる、絶好の大会です。

美しい海や空が広がる景観に魅せられた、リピーターの多い大会ではないでしょうか。

私も今年の完走で、海宝道義さんが主催されていた “遠足100km” も含め、16回、宮古島を周回したことになりました。

(ゴールタイムは13時間35分58秒で、ゆっくりトコトコペースです。)

その経験から、制限時間をたっぷり使って完走するコツと、宮古島ならではの魅力を記します。  

コース紹介

宮古島を1周すると、100km弱。
足りない距離は、来間島、伊良部島、池間島への大橋を往復することで補います。
3年前からは 、それまで池間島を周回していた分、 伊良部大橋往復にコースが変更されました。


島の南西に位置する下地公園をスタート。
時計回りに1周し、同公園にゴール。14時間制限です。

 

コースマップ コース紹介

スタートは午前5時です。
20分前までに、46.5㎞地点のレストステーションに置く荷物と、82㎞地点のエイドに置くスペシャルドリンクを預けて、あとはストレッチをしたり写真を撮ったりして、スタートを待ちます。

 

ワイド-マラソン スタート
ウルトラマラソンでは、スタート前でものんびりした雰囲気です。

来間大橋を渡るのはスタート直後の未明で、橋の3分の1程度で折り返すので、暗い中、あっという間に終わってしまいます。

15㎞から22㎞は、伊良部大橋の往復(渡りきった18㎞で折り返し)。
緩やかなカーブと、恐竜の背中に例えられる高低差が特徴。
長さ3540mは、“サンゴ礁”のしゃれ?
復路では朝焼けが眼前に広がり、とてもきれいです。

 

伊良部大橋 朝焼け

宮古島に戻り、平良港を左手に見て、島を北上。
30㎞あたりで陽が昇ると、気温が上がってきます。

池間大橋は40㎞地点。渡ったらすぐ折り返し。
橋の両側のサンゴ礁の海は、潮の満ち引きによって、エメラルドグリーンのときと、深いブルーのときがあります。今年は深めの色でした。

 

池間大橋 エメラルドグリーン ブルー

46.5㎞地点は、レストステーションです。
着替えやおにぎりでリフレッシュします。
10分ぐらいで手際よくすませ、休憩しすぎないように注意。

島の東側を南下していきますが、50㎞から65㎞までは登り基調になり、最も苦しいところです。
65㎞まで頑張れば、そこから10㎞ほどは下り基調。
走れるところはトコトコ走って、時間を稼ぎます。
東平安名岬の折り返しが78㎞。
灯台が見えてくると、自然と足取りが力強いものに。

灯台を折り返したところで、灯台をバックに記念写真を撮ってくれるので、最高の笑顔とポーズを!
折り返し前後の2㎞は、ランナーとすれ違うので、エール交換をして元気をもらいましょう。

 

東平安名岬 灯台

82㎞のエイドでは、ミニカップの暖かい宮古そばがおいしかったです。
それ以降、島の南側を西に進む道は、起伏が大きい。
95kmのドイツ村からは、なが~く感じるウイニングロード!
陽が落ちるころ、ゴールの下地公園へ。
ゴールでは、名前を呼んで讃えてくれます。

  

宮古島ワイド-マラソン ゴール

完走のコツ

制限時間は14時間。ペース配分は、前半と後半に分けて考えます。
30キロまでキロ7分、そこから50キロまでキロ8分なら、レストステーションでの休憩10分として、前半は6時間20分。
後半をキロ9分として、7時間半。
あわせて13時間50分でゴールできます。
それより早かった区間があれば、時間の貯金が貯まります。
なんとかなりそうでしょ!!

スタートは未明。
ヘッドライドをつけて走っている人は、数人に一人くらいの割合。
足元は暗いのですが、舗装道路の整備状態がいいので、つけていない人が多いようです。
私は転倒が怖いので、つける派です。
復路46.5㎞のレストステーションを、往路では34㎞あたりで通過するので、不要になったヘッドライトは、往路でそのあたりに置いておき、復路で回収しています。

暑さを感じてバテることがあるのは、30㎞あたりで陽が昇りだした頃や、40㎞で池間大橋を折り返して南下する所から65㎞までの登り基調にかけて、などです。
私は、暑さと日差しの対策として、ゴム付きタオルをぬらして頭に装着します。

給水、エネルギー補給ゼリー、塩飴もこまめに摂取。

エイドが準備した飲み水が減るため、かぶり水は控えるようにお願いされているランナーがいました。
ボトルを携行していれば、飲むためにボトルへ補給した水を、走りながらでも頭からかけることができるので、便利です。

宮古島では1日のうちで、気候が大きく変わることがあるため、寒さ、風 、にわか雨などへの対策も必要です。
天気予報で情報を収集しておきましょう。
今年は東平安名岬あたりで風が強くなり始める、典型的な島の気候でしたが、ビニルでしのげる程度なので助かりました。

日が傾くにつれ気温が下がり、走るほうもペースダウンして、体が冷えてくることも。
さらに、もし雨に降られて体が濡れれば、一気に体力が奪われる危険性もあります。
万全の準備で臨みましょう。

年によっては、強風が荒れ狂うときもあります。それはもう耐えるしかない!

 

85キロ 起伏 うねる

宮古島はサンゴ礁の隆起によってできた島。
コースはうねるような起伏が特徴です。道もやや硬め。
普段の練習では、ソールの薄いシューズやビブラムファイブフィンガーなどで、ふくらはぎヒラメ筋のアキレス腱に近い部分を鍛えておくのも良いでしょう。

前半を6~6時間半で走り、後半は、登りを歩きに徹しても、下りは走るペースであれば、キロ9分はキープできるので、制限時間内にゴールはできます。

私は今年、前半が6時間、後半が7時間36分のトコトコペースを完遂。
50㎞あたりで暑さと登りでバテましたが、65㎞から復活して楽しく進み続けることができました。

約2.5㎞ごとにあるエイドステーションでは、スタッフの皆様に暖かくおもてなしいただき感謝です。おかげさまで完走できました。

 

エイドステーション スタッフ
90キロ地点 イムギャーマリンガーデン前のエイド

観光

前日に受付が終われば、来間島へ。
マラソン当日は、まだ真っ暗な来間大橋からの景色が楽しめないためです。
竜宮城展望台から見る前浜ビーチと来間大橋は絶景です。

 

竜宮城展望台 前浜ビーチ
竜宮城展望台から見た前浜ビーチ

ムスヌン浜は来間島西岸に位置する、プライベートビーチのような趣き。
1年分の垢を落とし、これから1年分のパワーをもらいます。

 

ムスヌン浜
ムスヌン浜

グルメ

到着後レンタカーを借りてすぐ、昼食として定番の宮古そばをいただきに「古謝そば」へ。
あっさりとしたお出汁に、コーレーグース(島唐辛子を泡盛に漬け込んだ沖縄産調味料 )を数滴かけると、ふわっといい香り。

晩御飯はこれも定番、「レストランのむら」で、伊勢海老の半身焼きがついた定食。
クリームソースの香ばしさとエビのミソがマッチしてうまいのです。
マラソン前日に、いいエネルギー補給ができました。

 

レストランのむら 伊勢海老

大会が終わった後は、走友たち3人と、島唄ライブの居酒屋“あかがーら”で打ち上げ。
ボーカルNORIさんの伸びやかな歌声と三線テクニックにしびれました。

 

温泉

今年は行けなかったですが、宮古島温泉とシギラ黄金温泉があります。

宮古島温泉は、日帰り温泉施設。
鉄泉で黄褐色の湯。細長い露天風呂もあり、のんびり温まることができます。

https://miyakojima-onsen.co.jp/

シギラ黄金温泉は、名前の通り、シギラリゾートにある黄金色の天然温泉。
展望風呂や露天風呂に加え、南国ムードあふれる暖かいジャングルプール
(水着着用)で、泳ぐように入浴が楽しめます。

https://www.nanseirakuen.com/onsen/

おみやげ

米子焼(よねこやき)のシーサー。
石垣島の工房でデザインされているメイドインベトナムですが、毎年宮古島へ来るたびに、いろいろな大きさの、お気に入りのデザインのものを買い続け、玄関はにぎやかで華やかになりました!

 http://yonekoyaki.com/

 

米子焼 シーサー

まとめ

大阪方面から宮古島へは、関西空港から直行便が出ていて便利です。

また、6月のサロマ湖ウルトラマラソンの旅費の半額くらいで行けます。
(航空運賃、ホテル代、レンタカー代あわせて 、約5万円あまり。)

2泊3日の短い滞在期間でも、ランニング、グルメ、温泉など、たっぷりと楽しむことができますので、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。