第20回六甲縦走キャノンボールラン。人力のほか動力なしなら、何で踏破してもOK!

第20回六甲縦走キャノンボールラン。人力のほか動力なしなら、何で踏破してもOK!

第2019年3月24日(日)、第20回六甲縦走キャノンボールランが開催され、スピードの部56キロに参加してきました。

コースは六甲全山縦走路を使うもので、宝塚の塩平寺下の広場をスタートして、六甲山や摩耶山を登り、須磨浦公園まで、西へと進むルートです。

 

六甲縦走キャノンボールラン 地図

動力なしなら、人力はもとより、マウンテンバイク、 馬、ミニチュアポニー、ウィングスーツ、グライダー、スケボーなどなど、なんでもOKというユニークな大会。

実際、毎年マウンテンバイクの人は見かけますし、以前は一輪車の方を見たこともあります。

記載してある通過タイムは、9時間あまりでゴールした私のものです。

なお、詳しい地図が欲しい方は、六甲全山縦走マップ(1部400円)をご購入ください。http://www.city.kobe.lg.jp/culture/event/rokko/map.html

1.スタートまで

宝塚駅からスタート地点の 塩平寺下の広場まで 、徒歩で30分弱、上り坂をえっちらおっちら登ります。

6時から7時半の受付に間に合うように、宝塚駅を降りれば、ランナーたちがゾロゾロ行くので、迷うことはないと思います。

 

スタート前

2.スタート

午前8時にスタート。

真直ぐに階段を上る人たちと、右の舗装道路へ向かう人たちに分かれます。

階段は混雑しますが距離は短く、一方、舗装道路は混雑はないが緩やかな分、距離があります。

すぐには合流しますので、お好みでどうぞ。私は階段を進みました。

 

スタート 階段
スタート 階段 混雑

数分進むと、左へと上る山道と、そのまま直進して塩平寺を通るルート、ランナーは二手に分かれます。

ここもお好みですが、私は左の山道を選択。

15分ほどの間、息が上がるほどきついですが、そのあとは比較的快適なトレイルになります。

 

トレイル 快適

3.六甲山を登る

スタートから45分後に、いったん舗装道路を横切り、すぐにまた登りの山中に。

そこから10分ほどで、舗装道路を歩くことになります。

 

舗装道路

数分で左に標識が。六甲最高峰へと進む山道に入っていきます。

 

標識 六甲最高峰

しばらく、トレイルが続き、この坂を登りきれば、ドライブウェイに。

 

トレイル 坂

ドライブウェイを1キロ進むと 、一軒茶屋。トイレもあります。

スタートから1時間30分くらいです。

 

ドライブウェイ 1キロ
一軒茶屋

4.六甲山を進む

六甲全山縦走路はドライブウェイと並走し、時折交差しますが、基本的にドライブウェイの方を進みました。

  

ドライブウェイ 並走

途中のエイド。コーラ、コーヒー、マミーに加え、日本酒、ワインもありました。

  

エイド コーラ

一軒茶屋から、約60分で記念碑台に到着。信号は守ります。

スタートから2時間30分くらいです。

 

記念碑台 信号

六甲山の下りの階段は、軽快に。

途中で小学生の集団とすれ違いましたが、一生懸命登っていました。

 

六甲山 下り 階段

5.掬星台エイド

記念碑台から約52分で、掬星台エイドに。 休憩所を利用します。
スタートから3時間23分。

エイドに着く前にトイレがあり、その横の階段を登っていきます。

エイドでは、豚汁、ビール、日本酒、ワインなど、充実しており、長居するランナーもおられます。

 

掬星台 エイド 休憩所
豚汁

いなづま坂を下って、行きます。

 

いまづま坂

降りきると、市ケ原のトイレ、自販機があり、小休止。

それからの登り傾斜の舗装道路を歩いて進むとき、持参していたおにぎりを食べます。

すると、大龍寺エイドに着きました。

6.大龍寺エイド

掬星台から約48分で、大龍寺。スタートから4時間10分。

エイドでは、水分をボトルに補給しますが、楽しみは山門横を上ったところにある自販機。愛のスコールを購入します。

 

大龍寺 エイド

鍋蓋山への登り坂の途中で、マウンテンバイクの方に遭遇。

ここまで、どうして来たん?? これからどうして行くのん?? 凄いです。

 

鍋蓋山 マウンテンバイク

鍋蓋山頂上から下ると、天王吊橋。

 

天王吊橋

そこからの登りはきつく、鉄の階段を登ることもあります。

菊水山は見晴らしがよいので、小休止される人が多いところです。

 

菊水山

7.くしやエイド

大龍寺から、約1時間45分で、くしやエイドに到着。
スタートから約5時間55分。鵯越駅の手前になります。

皿うどん、カレー、おでん、白菜炊いたん、豚汁、フルーツポンチなど、食べ物が充実しています。

コーラも冷えていて、おいしー!

鈴蘭台下水処理場のトイレが使えます。

 

くしやエイド

鵯越駅を通過して、丸山住宅街。

道に迷わないように、しっかりと予習しておくことが必要です。

 

丸山住宅街

住宅街を抜け、高取神社へ。

登りの山道が終わったところに、トイレがあります。

お社や山頂へは上りません。鳥居の左横のトレイルを進みます。

神社の敷地内は、走らないように心がけましょう。

 

高取神社

高取神社を下っていきます。

 

高取神社 下っていきます

交叉点を越えれば妙法寺。

くしやエイドから、約1時間40分。スタートからは、約7時間35分です。

あと1時間半ほどです!

  

妙法寺

横尾のマンション、住宅街をぬけると、東山への登りが始まります。

東山を登れば、横尾山までのあいだに、須磨アルプス「名勝 馬ノ背」を通ります。

足元が滑りやすいので、注意して通りましょう。 

写真の岩肌に点在しているのは、ランナーの姿です。

  

須磨アルプス 馬の背

横尾山、栂尾山を通り、通称400階段を下れば、高倉台。

 

栂尾山 400階段

今度は高倉山への階段を約80m登ります。

登りきれば、おらが茶屋。トイレがあります。

あと4キロほどでゴールです。

トレイルを2キロほど進むと旗振山。

右手には明石海峡大橋。左手には、写真のように、神戸の街並みが見渡せます。

  

旗振山 神戸

旗振山からの下りを、慎重に降りていき、ゴール!

8.ゴール

ゴールタイムは9時間10分でした。今までで一番遅かったですが、写真を撮りながら楽しんで進めました。

ゴール地点においてあるQRコードをスマホで読み取り、ゴールタイムを自己申告します。わからなかったら、スタッフに尋ねましょう。

 

ゴール

9.参加賞

渋いイラストのステッカーと、ロゴ入りの笛です。

 

参加賞 ステッカー 笛

10.まとめ

舗装道路の部分もありますが、トレイルの割合が多く、石や岩のある勾配のきつい道で滑ることもあるので、トレイルランニング用のシューズをお勧めします。

走れるところを走れば、9時間くらいでゴールできると思います。

丸1日、山を登ったり降りたり。

山に登った時には、眼下に広がる神戸の街並みを楽しみましょうね。