ウルトラマラソンの効率的な準備~持ち物チェックリスト~

ウルトラマラソンの効率的な準備~持ち物チェックリスト~

42.195㎞のフルマラソンを超える距離の大会をウルトラマラソンと呼び、
100㎞の大会がもっとも一般的です。

ウルトラマラソンでの持ち物の種類は、フルマラソンに比べて多くなります。
泊りがけの遠征になる場合では、さらに旅行としての支度も必要です。

あれこれ持ち物が多くなって、つい忘れものをしてしまった経験はありませんか?

それを防ぎ、効率よく準備するためには、「持ち物チェックリスト」をつくるのが効果的。

今回は、「持ち物チェックリスト」を作成する時のコツと、具体的に何を持てばよいかを紹介します。

季節によって不要なものが含まれますが、ひととおり挙げて起けばよいでしょう。

 

ウルトラマラソン 持ち物 チェックリスト その1
ウルトラマラソン 持ち物 チェックリスト その2


1.ランニング必需品

走るための装備です。
頭から足まで系統立てて チェックリストすると、 漏れなくなります。

<ウエア>
・キャップ
・サングラス
・ネックウォーマー
・ドライレイヤー
・Tシャツ
・アームウォーマー
・手袋
・ランニング用腕時計
・アンダーショーツ
・タイツ
・半パン
・ふくらはぎ用サポーター、ゲイター
・足首かんたん(テーピングテープ)
・靴下
・ランニングシューズ

<ウエストポーチとそれに入れるもの>
・ウエストポーチ
・ボトル
・ティッシュペーパー
・貴重品用のジップ付きミニビニル袋  
・サプリ
  パワージェル
  アミノ酸の粉
  スポーツ飲料の元
  飴
  塩タブ
  補給食
・医療品用のジップ付きミニビニル袋
  胃腸薬
  鎮痛薬
  バンドエイド
  メンタム
・ビニル袋
  大:防寒用
  小:ごみ用

<ウエストポーチに入りきらない時>
・スパイベルト
・ランニングバッグ  

 

スパイベルト ウエストポーチ
スパイベルトの袋部分は、伸縮性があって意外とたくさん入る。
入れすぎると重いのと、硬いものはごつごつするので注意。


<エイドに預ける荷物>
・クーラーボックス
・保冷剤
・お好みの飲料
  私の場合は、オロナミンC、キレートレモン、コーラ
・サプリ
・補給食
・タオル
・ビニル袋
・下記の医療品ジップロック袋

<固定用>
・選択バサミ
・安全ピン

<暑さ対策>
・ゴム付きタオル

<防雨・防寒具>
・レインウエア(上下)
・レインポンチョ
・軽量ウインドブレイカー

<スペシャルドリンクを預ける場合>
・スペシャルドリンク
・ゼッケン番号記入用厚紙
・割りばし
・ビニルテープ

<夜間走がある場合の照明関連>
・ヘッドライト
・点滅ライト
・夜光バンド

2.ランニング関連

<大会関連>
・ナンバーカード引換証
  大事なものなのに、意外と忘れやすいです。
  署名や押印が必要な場合は、早いうちから準備しておきましょう。
・大会要項
  大会受付、ルート、関門時間、エイドの地点、補給飲食物などを確認。
   事前に郵送されている場合は、現地に持っていきましょう。

<医療品ジップロック袋>
・ジップ付きミニビニル袋
  痔疾軟膏
  オロナイン
  プロテクトS1(マメ防止の皮膚保護クリーム)
  バンドエイド
・消炎鎮痛塗布薬
・消炎鎮痛 スプレー
・日焼け止め
・リップクリーム
・テーピングテープ
・ウエットティッシュ
・使い捨てカイロ
・ミニはさみ(テーピングテープや参加賞Tシャツのタグを切る時に重宝)

これらを一つの医療品ジップロック袋としてまとめて入れておくと便利です。
大会前に使った後に、エイドに預ける荷物袋に入れます。
別にひと揃え準備しておき、あらかじめエイドに預ける荷物袋に入れておくのもよいでしょう。

 

ジップロック 医療品

<着替え時>
・レジャーシート
・濡れたランニング衣類を入れる大き目のビニル袋
  他大会の荷物預け用袋を利用

3.衣類

<日常のもの>
・帽子
・上着(ポロシャツ、ジャケット、ジャージなど)
・ズボン
・下着(シャツ、パンツ)
・靴下
・大会以外で履くシューズ
  特に雨の大会で、レース用シューズが濡れるときには必要。

<着替え>
・下着(シャツ、パンツ)
・靴下

<寝るとき用>
・長袖Tシャツ
・ジャージズボン

<タオル類>
・濡らしてもよいタオル
・濡らさないタオル
・バスタオル
・ハンカチ

これらはそれぞれ、スタッフバッグに分けて入れておくようにしています。
スタッフバッグとは、布のシューズケースのような袋で、ナイロンでできているものが多いです。

 

ノースフェイスのスタッフバッグは、パーテックスと呼ばれる軽量で強い繊維でできている。


4.旅のお供

<携帯電話関連>
・スマホ
・イヤホン
・充電器

<トイレタリー>
・ヘアブラシ
・整髪剤
・洗面具(歯ブラシ、歯磨き)
・髭剃り
・乳液

<移動時>
・マスク
・アイマスク
・耳栓

<筆記具>
・ボールペン
・手帳

<雨天>
軽量折り畳み傘

5.貴重品

・お金
・クレジットカード
・健康保険証
・運転免許証
  レンタカーを借りる場合は忘れずに。

これらは普段は財布に入れておくものです。
大会出場の際には、かさばらないようにジップ付きビニル袋へ移します。
レンタカーのカギも、そのビニル袋入れておきます。

6.まとめ

その時の大会で持たないものは、 「持ち物チェックリスト」に 最初から×印 をつけて除外しておきます。

準備ができたものから、「持ち物チェックリスト」に○印をつけていけば完成です。

バッグに詰め込むときに再度○印をつければ、二重チェックで完璧に。

サプリや補給食、医薬品などは、個人の好みで違いが大きいものですので、皆さんで工夫してください。

大会出場を重ねると、さらに必要なものや、不要なものがわかってくると思います。

自分なりの「持ち物チェックリスト」を作成して、効率よく大会の準備をすれば、きっと不注意な忘れ物をなくすことができますよ。